ソフト・ハードウエアシステム構築において常に世界中の最適な「ソリューション」をご提供します。title=

Huygens

 

Windows XP,7,8,10 64bit O.S.に対応(大容量メモリーをサポート、高速処理が可能)
Huygensは、北海道大学ニコンイメージングセンターにて稼働中。
(より多くの処理画像が掲載されています。)

 

Huygens Essential インタラクティブ操作でのデコンボリューション、3D表示、コローカライゼーション、測定
Huygens Professional デコンアルゴリズムの選択及び画像演算、操作、表示、解析などがサポートされ、スクリプトで処理がカスタマイズできる上級者向けバージン(Irix,Linux,Win,Mac)
Huygens Scripting スクリプトを使ってエンジンとして上記処理機能を実現

■アルゴリズムの種類

Classic Maximum Likelihood Estimation(CMLE) :
最も一般的な3Dデコンボリューション
Quick Maximum Likelihood Estimation(QMLE) :
3Dタイムラップス画像に適した高速処理
ikhonov-Miller restoration(Quick-TM) :
terative Constrained Tikhonov-Miller :

特 徴:

● Maximum Likelihood Estimation(MLE)アルゴリズムの採用
● マルチプラットフォーム(Mac OS-X, Windows, Linux, Unix)のスタンドアロン
● 蛍光、明視野、Nipkow、レーザ共焦点データ、2光子データに対応
● 2次元、3次元チャンネル、タイムラプスに対応
● 手順に従ってパラメータを入力する簡単操作
● 2D、3DのROI領域からPSFを作成
● PSF distillerでビーズ測定からPSFを作成
● 豊富なファイルサポート(ICS, TIFF, BioRad, Imaris, FlowView, DeltaVision他)
● マルチ、タイムラップス表示機能(Twin Slicer )
● ボリュームレンダリング表示機能(Simulated Fluorescence Process)

オプション:

● 処理モジュール(Confocal,Widefield,Nipkow Disk,Muti-Photon)
● PSF Distiller:PSFの測定モジュール
● Surface Rendering:ポリゴンサーフェイスでの3D表示
● Object Analyzer:3Dデータのオブジェクトをインターラクティブ又は自動で測定
● Colocalization Analyzer:蛍光標識のオーバーラップの解析
● Server用マルチプロセッサーオプション

パラメータ入力ダイアログ Cropダイアログ
TwinSlicer表示 Simulated Florescence Process表示

 

   ===↓画像の上にカーソルをのせると処理後の画像が現れます。↓===
蛍光像(花粉) 2光子画像(ノイズの多い画像から

元のスムーズ画像が復元されています)
レーザー共焦点画像 Leicaレーザ共焦点

(35枚のHeLa細胞Mitochondria画像)サンプル
提供:馬淵 正博士(山梨大・医・生化)
SurFace表示(Option)

サンプル提供:馬淵 正博士

(山梨大・医・生化)
オリンパスFluoView1000レーザー共焦点
(141枚のHeLa細胞Mitochondria画像)
サンプル提供:馬淵 正博士(山梨大・医・生化)
横河電機CSU-X1 Ca-3DFRET観察

サンプル提供
ライブセルイメージング講習会2008
マウス神経細胞
(オリンパスFV-1000 2光子顕微鏡)


サンプル提供:ライブセルイメージング講習会

※ユーザデータを処理できるデモソフトを用意しております。
必要な方は当社salesまで。