ソフト・ハードウエアシステム構築において常に世界中の最適な「ソリューション」をご提供します。title=

デコンボリューション

生物学での蛍光、レーザ共焦点及び多光子顕微鏡を使った観察画像への”デコンボリューション”は、一般的に厚みのある試料観察画像はZ軸の観察焦点面とZ軸に沿った上下の非焦点面画像情報を含んでいるため(コンボリューション画像)にボケています。その為、顕微鏡システムの個別のボケ関数(PSF)を理論的又はビーズを実測して関数化し、数学的に処理を行いノイズを減少するとともにボケを取り除きできるだけ元の画像に忠実に戻す(Restoration)ことを意味します。

なぜデコンボリューションが必要か?

 レーザ共焦点顕微鏡像でも

デコンボリューションで何が改善されるか?

**上記改善により定量的な数値解析ができる画像となる**

効果のサンプルについては下記を参照してください。
http://www.svi.nl/gallery/

正しいデコンボリューションを行うために必要なこと

PSF(Point Spread Function) http://support.svi.nl/wiki/pointspreadfunction
デコンボリューションの実行 http://support.svi.nl/DoingDeconvolution

デコンボリューションアルゴリズムとソフトウエアの種類

!!画像の定量的な解析にはデコンボリューションが必要です!!