ソフト・ハードウエアシステム構築において常に世界中の最適な「ソリューション」をご提供します。title=

3次元再構築ソリューション

 

 

3次元再構築の概説

・3次元再構築の種類
・3次元再構築データの条件
・ 再構築データの種類

連続切片画像の位置合わせ

連続切片を作成して観察された切片から3次元を再構築するには、それらを切断方向に位置を合わす必要があります。
位置合わせはすでに取りこんだ画像 (特に高解像度のデジカメで撮影)を研究者の目で見ながらコンピュータ上で合わすことが可能です。

Register 2001

Win
すでに取りこまれた画像を順番にコンピュータ上で重ね合わせて、インタラクティブに研究者の目で画像を合わせます。画像は参照画像に対してX,Y移動、回転、拡大・縮小ができます。位置合わせされた連続画像はシネ表示として確認が可能で、移動情報を元に外部で補正することも可能です。

VoxBlast

Mac9 Win Vista Win7本格的本ボリュームレンダリング法での再構築で表示のみならず3次元測定が可能。最大3色までの合成が可能で、主な機能は2D/3D表示、任意のプレーン表示、直行軸での切断表示、3D測定(距離、面積、表面積、体積、粒子の個数など)、ムービーファイル作成。 スクリプトを使って4次元ムービー作成も可能。

3D-DOCTOR

Win Vista Win7(日本語バージョンリリース)

ポリゴンサーフェイス法での再構築で複数のポリゴン化されたオブジェクトを同時表示が可能。2次元スライスからの輪郭抽出は自動で行い、その輪郭のスムージングや編集が手動で可能です。MRIなどの輪郭が自動で抽出困難なデータの正確な輪郭作成に向いています。ポリゴンデータからは GES, ASCII, DXF, STL,などを使って外部でモデル作成が可能です。

VoxBlast 4D

Win Vista Win7(4次元インタラクティブ観察システム)

連続3Dデータから4次元AVIファイル作成を有償・無償でお受けします。

詳しくは、こちらまでお問い合せください。

*3次元再構築専用デモソフトを用意しました。